読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書こうか、とりあえず。

極☆社会不適合がブログで生活していけるか検証ブログ

朝と夜のジョギング、効果が違うらしいよ!

【スポンサーリンク】

f:id:satotake0322:20160112212722j:plain

今日も19時頃からジョギングで5キロ走ってきた。走ると頭がリセット状態になるので、走り終わったあとにはスッキリしている。一日あると嫌なこともあるし、イライラすることもあるだろうが、走ると「ま、いっか」って気分になり、いつの間にか忘れてしまう。そのおかげで夜は寝つきがいい。

 

世の中の多くの成功者たちもジョギングをしているそうだ。日本マクドナルド会長の原田泳幸ヤマトホールディングス会長の瀬戸薫、Twitterの創業者ジャック・ドーシー、ナイキのCEOマーク・パーカーなど。まだまだ走っている人はたくさんいる。ジョギングをすると体にもメンタルにも仕事にも良いことを彼らは知っているんだと思う。

 

ジョギングの基本的な効果はこっちに書いてます↓

 

satotake0322.hatenablog.com

 

 

ほとんどの成功者たちは朝にジョギングするという。僕は夜派なのだが、朝と夜だと効果がまた違うらしい!

 

朝のジョギング

朝のジョギングはダイエットに効果が大きいそうだ。朝は一日のうちで最も体温が低いため、ジョギングをすると体温が上がるとともに代謝率も上がり、日中のちょっとした動きで脂肪燃焼効果が期待できる。

 

朝起きたばかりの脳には本能的に「エサを探し求める」という行動が刷り込まれているので、ジョギングすることで頭が冴え、一日が行動的になる効果があるそうだ。成功者が求めているのはここなのかもしれない。

 

夜のジョギング

夜のジョギングはストレス解消の効果が大きい。日中のストレスをジョギングで発散できるので、翌朝に体力的、精神的疲れを持ち越さない。20分くらい走っているとランナーズハイがやってきてめちゃくちゃ気持ちいい。たぶん脳内麻薬が出まくっていると思う。

 

夜は暗くて視野が狭くなるので、走ることに集中できる。集中するということは精神的にとてもいい状態だ。これは精神力アップにかなり期待できそう。あとジョギングをすると心地よい疲れが出るため、夜はぐっすり寝ることができ、朝の目覚めもスッキリしている。

 

 

 

最後に

成功者たちは朝に走っているが、早起きは習慣化するまでかなり難易度が高いと思う。「早起き&ジョギング」これからはじめるって人、3日もつかな・・・(笑)

 

だから僕はひとまず仕事が終わったあと、夜に走ることをおすすめする。早起きに自信があったり、時間が朝しかない人は朝でもいいと思うが。

 

大げさかもしれないが、ジョギングすることで人生が変わると思う。走るのと走らないとでは一日の行動が全然違ってくる。

 

ランニングシューズがあればどこでも走れるので、気軽に始めることができる。

 

みなさんもどうだろうか?