読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書こうか、とりあえず。

極☆社会不適合がブログで生活していけるか検証ブログ

ブログをとにかく毎日書いてみようか

【スポンサーリンク】

新年あけましておめでとうございます。
はじめまして、ブログ管理人のあお鬼くんです。
今年から毎日ブログを書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。

 

 

毎日ブログを書こうと決めたのは、ブックライターになりたいと思ったからです。ブックライターってなんやねんって話なんですが、ブックライターとはライターの上阪徹さんが作った言葉で、一般的に知られている言葉で言えばゴーストライター(代筆屋)のことです。

 

上阪徹さんも言っていたのですが、僕はこのゴーストライターという言い方があまり好きではないです。なんかマイナスなイメージがありませんか?ゴーストライターと聞いて僕は佐村河内守氏の問題があった新垣隆氏を思い出します(笑)

 

このブックライターという仕事は、ビジネス書、タレント本などの著者に代わって文章を書く仕事です。webや雑誌のライターと違って、一冊の書籍を作るわけですので、それはそれはやりがいがとてもありそうで、僕はこのブックライターという職業にあこがれを持ちました。

 

もともと文章を書くのが好きなので、それを生業にできたらなと小さい頃から思っていました。今までは生活をするためだけにいろいろな仕事を転々としてきましたが、これからは本当に自分がしたいことをしていこう、自分に正直になろう、と思いました。

 

しかし、文章を書くことが好きな僕なんですが、ただ好きなだけであって、上手くありません。これから書くことを仕事にするからには文章力を高めていきたいです。

 

それでいろいろな文章術に関する本やネットの記事を読み漁っていると、「とにかく文章を書こう」というキーワードが多かったです。確かにそうですよね、知識だけが頭に入っていたところで、実際書かないことには上手くなりませんよね。

 

ということで、文章作法が間違っているかもしれないけど、とにかく書こうと思います。毎日書いて書いて書きまくろうと思います。毎日書いていくことで、1年後、2年後の頃の景色は全く違うのではないかな。

 

僕の好きなライターは先程紹介した上阪徹さんと「嫌われる勇気」の著者である古賀史健さんです。この二人の文章は全くタイプが違うのですが、とにかく読んでいて気持ちいいです。わかりやすくて、説得力があって、読んでいて自然に言葉がスーッと頭に入ってくる感じがします。僕もこの二人のようなライターになりたいと思っています。

 

僕は今仕事を辞め、ニート状態(笑)ですが、今月から自動車製造の期間工に行く予定なので、そこでのお話もこのブログで書いていこうかなと思っています。東京へのアクセスが近いので、ライターの学校に通おうかとも考えております。

 

このブログに見に来てくれる方に毎日一つ、面白いことや為になることをお伝えすることができればいいなと思ってますので、よろしくお願いします。