読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書こうか、とりあえず。

極☆社会不適合がブログで生活していけるか検証ブログ

頭の良さを上げるには音読が一番いいかも

【スポンサーリンク】

f:id:satotake0322:20160525153836j:plain

 

読書習慣がないけど、読書してみたい。

でも文章読んでたら眠くなるし、吐き気がする!おえっ

 

って人は迷わずこれを読むがいい!!

 

 

本の選び方から、読み方、活用の仕方、読書による効果まで詳しく書いてます。

 

 

やぱ人生成功してる人のほとんどが読書してますからね。

 

 

 

この本にも書いてあるんですけど、音読することは僕もお勧めします。

 

 

しかもちょっと速めに声に出して読むと頭の回転が良くなっているのを実感できますよ。

 

 

回転しまくって、

 

ああ〜情報をしょっ、処理してるぅ〜!!

 

って感じになります。

 

 

ちなみに僕はこの本を1日かけて全部音読しましたが、

 

 

後半はランナーズハイみたいな感じになって、

 

 

めちゃめちゃ気持ちよかったです。

 

 

脳汁がブシャーっと耳から飛び出るかと思いましたうそです。

 

 

脳汁は出ませんね。

 

 

 

 

さてさて、

 

 

江戸時代なんかは寺子屋で子供達に素読をさせていました。

 

 

お札の中の偉人、夏目漱石福沢諭吉も音読で勉強していました。

 

 

現代でいうと、漫画家のやくみつるさんも読書の時は音読をしているようです。

 

 

 

 

頭のいい人は気づいているんでしょうね音読がいかに重要かということを。

 

 

もうやるしかないでしょ音読。

 

 

 

 

併せて記憶力もあげたいのであれば、

 

 

好きな作家の好きなフレーズを暗唱するといいと思います。

 

 

記憶力だけでなく言葉を覚えるってことは、

 

 

将来のいろんな可能性の幅を広げることにつながると思うんですよ。

 

 

人間は話したり、書いたり、言葉を使う唯一の生き物ですから、

 

 

言葉の引き出しを多く持っていた方が、

 

 

武器になって、役に立つ時が必ず来ますからね。

 

 

 

 

ある弁護士さんは、仕事の前に必ず1時間六法全書を音読するそうです。

 

 

そうすると1日の調子がすこぶる良いそうですよ。

 

 

この弁護士さんのようにルーティンワークにすると習慣化できていいですね。

 

 

 

 

ではまた!